セフレと、そうでない関係の違い

セフレというのは、出会い系サイトなどで知り合った相手である場合が多いようです。
出会い系サイトであれば、セックスを前提とした男女がたくさん登録しているからですね。
そうです、セフレはセックスフレンドの略です。
その他の場所で、セックス限定の相手を探そうとしても、そうそう簡単には見つからないでしょう。
では、出会い系サイトを利用して相手を探した場合、セフレ以外は見つからないのかというと、そんなことはありません。
出会い系サイトで知り合ったからと言って、みんながみんなセフレになるわけではなく、もちろん、恋人になる場合やそれがきっかけで結婚するようなカップルもいます。
ただ、会ってみた結果、セフレになるような場合も少なくありません。
実際、セフレが欲しくて相手を探す人も少なくないのですが、セフレになるためには、お互いのニーズが一致していなくてはなりません。
どちらも目的がセフレであれば、お互いのニーズが一致したことになりますから、すぐにセフレになれることでしょう。
セフレの場合、ホテルに行ったり、まあ、場所はどこでも良いのですが、どこかで会ってすぐにセックスすることになります。
そして、その目的が達せられれば、そのまま、また次に会ってセックスするか、相性が合わなければ、それで終わりということになるでしょう。
セフレではなく、もっと別な関係を望むのであれば、ホテルでセックスした後も、二人で食事したり、いろいろと一緒に時間を過ごすことになるでしょう。
セフレなのかそうではないのかの違いは、そんなところではないでしょうか?

Copyright© 2010 セフレ探しに役立つ出会い系サイト All Rights Reserved.